札幌美容形成外科の包茎手術はどう?費用や特徴を解説!

男性だけでなく女性向け美容整形も行っている札幌美容形成外科。ベ-スとなる技術力高くて、特に仕上がりの美しさに定評があります。

包茎の悩みがある方は、札幌美容形成外科の本間賢一先生のカウンセリングを受けてホウケイの悩みを吐き出せば、安心して包茎手術を受けられると思います。

では札幌美容外科の包茎手術について詳しく紹介していきます。
 

札幌美容形成外科の費用

包茎手術の費用

札幌美容形成外科の料金

施術名 料金(税込)
仮性包茎 110,000円※
カントン型包茎 110,000円※
真性包茎 110,000円※
埋没陰茎修正手術 161,000円※
(※血液検査1万円を含む)

手術費用ですが、仮性包茎、カントン(嵌頓)包茎、真性包茎、いずれも同額の11万円(税別)となります。

他の多くのクリニックでは、金額に差をつけていて、一般的にカントン(嵌頓)包茎、真性包茎の手術費用は高くなります。同じ金額というのはメリットと言えますね。

札幌の包茎手術の基本料金一覧はこちら
 

院長のクリニック運営方針

札幌美容形成外科の院長のカウンセリングをうけてみると、この人ならば体を預けても大丈夫という気になります。

札幌美容形成外科院長の本間賢一先生は、昭和55年3月札幌医大卒業し、その後医学博士となりました。

2004年に札幌美容形成外科開設し、その後2007年には医療法人札幌美容形成外科理事長になって今に至っています。

包茎の患者は、デリケ-トな箇所だけに非常に神経質な状態で包茎の専門クリニックを訪れます。

だから真摯に対応してくれるクリニックが重宝されるのは当然と言えるでしょう。

札幌美容形成外科は女性向け美容整形がメインのクリニックなので男性には抵抗があるかもしれません。

ですがさらに神経質な状態で来院する女性も沢山対応されていることもあり、男性の患者も丁寧にカウンセリングご期待できます。

手術に関してもずばり話をしてくれます。使命感をもって施術してくれるのが心強いです。
 

札幌美容形成外科の包茎手術

札幌美容形成外科には女性向け美容整形も併設されており、美しさを求める女性の要望に応えるレベルの高い施術を行っています。その施術のコンセプトは包茎手術でも同じです。

一般的に、勃起時の長さに合わせて余分な包皮を切除するのが包茎手術の基本。従来から泌尿器科で行われている方法は、ペニスの中央部で皮を取り除くものです。

しかしこれだと、術後に皮膚の色がツートンカラーになり、包茎手術の跡が目立ってしまいます。色が薄まってくるまで。相当な年月が必要になります。

亀頭直下縫合法

札幌美容形成外科では、美容外科として術後が自然に見えるよう亀頭直下縫合法という方法で手術をしています。

亀頭直下縫合法だと、縫合線が冠状溝にくるため(俗にカリと呼ばれる部分の下)、手術の痕もわかりにくくなり、堂々と銭湯にいけますし、女性との性交渉でバレることはほぼありません。

麻酔

また麻酔に関しては、細い針で丁寧に麻酔をかけるので気が付かない利用者もいるくらいです。仮性包茎なら手術時間は約30分程度。

縫合する糸

そして、札幌美容形成外科の手術の特徴になっていますが、糸は顔を縫うのと同じナイロン糸を使います。

ネット上ではよく『抜糸しない溶ける糸で縫合しますので術後の通院は不要』と紹介しているクリニックがありますが、溶けるはずの糸がなかなか溶けなくて困ることもあるのです。

札幌美容形成外科の手術では、2週間後に抜糸します。
 

札幌美容形成外科データ

医師 白 右

札幌美容形成外科は、大通駅から徒歩2分の「松尾ジンギスカンさんがあるビルの4F」に移転しました。立地も良くなり通院しやすくなりました。

緑の看板が目印。入口はビルの左側で、市電停留所の目の前です。

札幌美容形成外科の住所

北海道札幌市中央区南1条西4丁目16-1 南舘ビル4F

札幌美容形成外科のアクセス

地下鉄大通駅から徒歩2分

受付時間

10:00~18:30(水曜日曜は10:30~15:00)

休診日

木曜、祝日(その他は毎月公式サイトに記載)

札幌美容形成外科の地図

札幌美容形成外科の公式へ